2024.6.15 現在一部の画像が表示されないトラブルが起きています。様子を見つつ順次対応いたします。

冷蔵庫内の死角、100円アイテムでの対策。

こんばんは、ヤマネコです。

ちょうど五年前、百円ショップでスパイスストッカーをまとめ買いしました。

蓋が斜めについている、駄菓子屋さんで小さなお菓子が入っているようなプラスチック容器。その小さいタイプです。

容量:275ml
商品サイズ:幅8×奥行10×高さ10cm

最寄りのお店でお取り扱いがあったので最初は一つ購入し、試してから追加しました。

 

スパイスストッカーという名称のとおり、基本はスパイスを詰めて使う容器。

蓋は二つのパターンで開けられるようになっており、そのまま振ったり、スプーンを入れて中身を取り出したりと好みの方法で使えます。

ただ私はこの白い蓋をほぼ使っていません。

用途によっては残してあるのですが、大半を処分してしまいました。希望の目的では出番のない部品だったからです。

 

私が使いたかったのは、冷蔵庫のドアポケット収納での間仕切りでした。

牛乳パックなど、高さがあるものは必然的にドアポケットに収めるのですが、それ以外はできるだけ軽いものを入れることにしています。

そこでこちらのプラスチック製のスパイスストッカーを並べて、小さな食品の保存容器として使うことに。

 

入れているのはキャンディー、キャラメル、一口サイズのチーズなど、個包装されている食品です。

飴などは通年常温保存がほとんどですが、夏場は冷蔵庫に移しておくことが増えました。大袋を開封してから食べきるのに一ヶ月かそれ以上かかるため、その間にべたべたになってしまわないように。

それをまとめておき、さっと取り出すのにちょうど良い容器をと思っていたところでこちらを見つけて試してみました。

 

じつはこうして使っているスパイスストッカーは、冷蔵庫のドアポケットの一番上に置いています。

私の身長では常に見上げる位置。そんな場所にあった使いやすさを確認するのも重要でした。

  • 下や横からの目線でも、中身の量や種類がわかる容器であること。
  • 手さぐりで目当てのものを簡単に取り出せること。
  • 万が一落下してもケガをする心配を減らせる(容器本体が軽い)こと。
  • 空っぽになった容器だけを取り出せる(同じものを並べておける)こと。
  • お手入れや詰め替えがしやすいこと。

そんな条件で色々検討し、私にとってはこちらが理想的だったなと。

購入時にちょっと迷ったのは、事前に蓋が不要だとわかっていたこと。買ってすぐに捨てるのはもったいなと。でもそれだけお店に引き取っていただくわけにもいかず、しばらく何かに使えないかと画策しつつ最終的には処分しました。

 

本体は薄い飽和ポリエステル樹脂(蓋はポリプロピレン)素材で、あまり強度があるとはいえません。個人的に、本来の用途であるスパイスストッカーとして長期間使うには心もとないような気がしました。

ただ冷蔵庫の間仕切りという、基本的に置きっぱなしの用途であれば不安や不満はまったくありません。六年目の今年も迷わず現役続投です。

そしてこの写真、腕を伸ばし、カメラだけを持ち上げて撮影しました。脚立でも使わなければ普段の私にはほとんど見られない光景です。

ドアポケットとしてはもう少し高さに余裕があるため、それを活かす方法もあるかもしれません。ただ更に少し背の高い容器にした場合、私にとっては手を伸ばすだけでは飴を取り出せなくなってしまう可能性がでてきます。

かつては何を収納したのか忘れてしまうような場所だったので、今は過去一番、理想的な使い方ができていると実感できました。

 

この容器は他の場所や用途でも使っているのでまたいずれご報告させてください。

 

本日の猫。

今日も暑かったけれど、明日の予報が快晴猛暑日。梅雨なのを忘れてしまいそうだなと思いながら、暑さ対策に励んでいます。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き