コスパ最高の袋、数年ぶりの交換。

こんばんは、ヤマネコです。

少し前から気になっていた消耗品を、新しいものへと交換しました。

交換したのはロールタイプのポリ袋。

スーパーのサッカー台などに設置されている薄手の半透明袋です。

スタンドにしているのは百円ショップで購入した木製のキッチンペーパーホルダーで、おそらく十年以上前からの愛用品。特別な劣化やひどい汚れもないのでまだまだ現役でお世話になります。

キッチンペーパーとロールのサイズ感(幅など)が似通っていたおかげで代用することができたのだけれど、こちらのポリ袋が巻かれたものは新品時の重量1kg以上。落とせば床に傷がつく重さのため、置き場所や取扱いにはやや注意が必要かなと。ただコスパの良さでは圧倒的だと思いながらリピートを続けています。

 

リピートしている、といっても一巻き2800枚なので一日一枚の消費量なら七年以上もつことに。わが家では猫のトイレや吐き戻し後の掃除などにも使っているのでもう少し消費が早いのですが、それでも数年に一度の交換ペース。巻きがだいぶ細くなってきた頃合いでも数百枚は残っているので、販売さえ続いていればストックが切れる前の買い足しハードルも低めでした。

一巻き千円以上。やはり十年以上のおつきあいの中で値上がりはありましたが、それでも他の追随を許さないくらいのコスパの良さだと思っています。

 

わが家での交換は、いつも少し早めのタイミング。

このくらいの細さ(おそらく百枚弱)になったロール袋は別の場所での管理や収納もしやすくなるので、防災用品に入れたり、車載したり、玄関先に常備したりと多用途に活躍します。

逆に、スタンドに立てておくものは巻きの量が多いほうが安定し、片手でもカットしやすくなるので早期交換するのが効率的でした。

 

何度か書いたことがありますが、新品のまま使い始める設置場所も複数。

  • キッチン(調理・食品保存用やごみ袋として)
  • 仕事部屋(猫の吐き戻しなどに気づいたときさっと使えるように)
  • 猫のトイレ近く(トイレ掃除の処理用)

もともとは猫のトイレ掃除用に使い始めたものだったと思うのですが、本来なら食品用にも使える基準の袋なので様々な用途で常備するようになりました。一応、猫のトイレ回りに設置しているものを食品保存などには使わないようにしているけれど、逆は問題ないかなと緩やかなルールで。

そしてまずはこういった場所で使い、細くなったものから前述のルールで移動させたり役割を変えたりしながら使い切っています。

 

そんなわけで、一ヶ所だけ数年ぶりの交換となりました。またしばらくお世話になります。

 

サイズは様々あり、山崎実業のエコホルダーとあわせる場合は大きめを選ぶとストレスがありません。

 

本日の猫。

気づけば川の字で寝ている兄猫たち。上から撮影しようと私が立ち上がったら猫たちも動いてしまったのでこの角度の写真だけです。

背後にいた兄弟がいきなり動き出したので彼もびっくり。

その後、そっと再び寝る姿勢に入ったのですが……

伸ばした私の手をぎゅっ。握りしめてもらえるのがかわいいと思っていたら、この後しばらく甘噛みされ続けることになりました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き