着たいときに着る、1in2outのワンピース。

こんばんは、ヤマネコです。

先日よそ行き用の服を買いました。自分でも呆れてしまうのですが、もしかしたら数年ぶりの買い物です。

新しい服古い服

インナーや小物類は年に何度か買い替えているし、制服化用のワンマイルウェアは一ヶ月ほど前に購入したばかり。

でもあまり外出の多くない暮らしゆえ、「よそ行きの服」の更新は気づけばここ数年ほとんどしておらず、主に減らす一方でした。

まずは減らすところから

決して着こなしていたとは言えない、たくさんの服を持っていました。長いことタンスの肥やしにしていたせいで、新品に近いような服が自分の気持ちの上での「旬」を過ぎてしまった…そのことを大きく反省しました。

きちんと向き合おうと決心し、まず始めたのは減らすこと。その選択肢は大まかに三通りです。

  • 使い切る(積極的に着る・ウエスなどに活用して捨てる)
  • 譲る
  • 売る

そして、もう一つつけ加えるならば「しばらく買わないこと」。シンプルに捨てること(ゴミ袋へ直行)ができない私にとって、持っている服を活用させることが最優先。

いずれも好きで買った服なので積極的に着る(よそ行き用に買った服なども普段着にする)生活が楽しめたのは幸いでした。

新しい服はワンピース

この半年ほど、ほぼ100%ワンピースを着て過ごしていました。ワンマイルウェアもそうですが、外出着も、冠婚葬祭用も、それぞれにあわせたワンピーススタイル。そこにジャケットや小物などを足す方法で着まわしてきました。

楽なのはもちろんですが、何より自分の好みというのもあって、このたび新しく購入した服もワンピースです。

そして長く着用してきたブラウスとスカートを手放しました。これを「1in2out」と言って良いか分かりませんが、数としては一点減った形になりました。

ルールに縛られないルール

以前の私が服を買うとき、「これは○○のときに着よう」と思って買うことが多かったです。それは今の生活でも言えることなのですが、なぜか昔は「滅多にない機会用の服」を何枚も持っていました。

たとえば、ホームパーティー用の服。
滅多に、ない。

最低限のTPOさえ守れば外出用と分ける理由もなかった筈なのに、イメージ的なルールを決めては律儀に守る、変わったことをしていました。そして死蔵させてしまうのです。

そのため今はあまり強固なルールはつくらないことにしています。家着を兼ねたご近所着にあたるワンマイルウェアというのも、曖昧な境界線の中で快適に着られるので、自分にとってはよい方法でした。

おわりに

今回新調したワンピースも一応お出かけ用として買いましたが、着る機会や自分にとっての「旬」を逃さないように、着たいときに着る感覚で愛用していこうと思います。

 

本日の猫。

しばらくメーカーに預けていたカメラが戻ってきたので、今日から撮影を再開しました!(ここ数日の更新は、撮りだめた写真を使っていました)

そんなわけで、今日は一日猫たちを追いかけまわしていました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き