2024.6.15 現在一部の画像が表示されないトラブルが起きています。様子を見つつ順次対応いたします。

11周年のネコハウス

こんばんは、ヤマネコです。

本日で当ブログは十一歳になりました。

そして十二年目に入ります。

 

私にとって毎日のように書いているブログは日常的なものとして納まり、以前ほどお祭り気分で記念日を迎えるような情熱はなくなってしまいました。そういえばここ数年の私は自分の誕生日も忘れてすごすことが増えており、ブログに対しても似たような感覚を持ち始めたのかもしれません。

とはいえこんなふうに始めた日がはっきりしている上に、日課のように継続しているものごとがあまりなく、節目だと思うとちょっと背筋を正すような気持ちになります。何をするでもないのに、数日前から今日を意識していました。

 

数日前から考えていたにもかかわらず、今日という日に書きたい話がうまく思い浮かばなかったので、またこの一年の猫を写真で振り返ってみようかなと。

以下、すべてちょうど一年前(撮影日ではなく掲載日)から現在に至るまでの、わが家の猫たちです。

 

というわけで、見事にクイックルワイパーを捕えた弟猫から。

家猫になって四年、今でも野生の暮らしを忘れていません。

多分、忘れていません。

どんなものでも、ひとまず興味を持ってみます。

それは猫のさが。兄猫たちも同じです。

冬場のリビングに猫たちの防寒用として設置したテントの中にも、おっかなびっくりとはいえ積極的に入っていってくれました。

時には肩にものります。

そういえば夏服(ノースリーブ)になってからはあまり飛びかかってくることがなくなりました。つまり近日行う予定の衣替えと同時にジャンプが復活しそうです。

こちらはわかりやすい忍び足。

そしてわかりやすいのぞき見。

時々人間にはまったくわからない何かを壁の向こうに感じているのだろうな、と思うこともあります。怖いです。

しかしイケメン。

そしてかわいい。

わかりやすい冬毛。

わかりやすい大好物。

わかりやすい大好物、その二。

ちらり。

ぼすん。

のびっ。

おりこうアピール。

兄猫たちの密談。

孤高の弟猫。

三つ鼎の兄猫。

狎れない弟猫。

くっつくなら人間と、という甘えん坊な成猫に育ってしまいました。

でも兄猫からくっつくのを強く拒絶もしません。状況によっては遠慮がちな弟猫だと思うようになっています。

遠慮がちな弟猫……こちらが数日前の写真。一年があっという間。

 

以上、十二ヶ月間の振り返りでした。

改めて、十二年目も楽しんで続けていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き